○地方自治法第96条第2項の規定による議会の議決すべき事件を定める条例

平成13年12月27日

条例第28号

(目的)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第96条第2項の規定により、議会の議決すべき事件を定めることによって、地方の時代にふさわしい議会の機能強化を図り、議会の政策形成能力を高めるとともに、市民に開かれた市政の推進に寄与することを目的とする。

(議決事件)

第2条 議会の議決すべき事件は、基本構想に基づく基本計画を策定することとする。

2 市長は、前項の計画を変更しようとするときは、あらかじめ議会の議決を経なければならない。ただし、軽微な変更については、この限りでない。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

地方自治法第96条第2項の規定による議会の議決すべき事件を定める条例

平成13年12月27日 条例第28号

(平成13年12月27日施行)

体系情報
第2編
沿革情報
平成13年12月27日 条例第28号