○四街道市学校評議員規則

平成13年3月30日

教委規則第7号

(趣旨)

第1条 この規則は、地域住民の学校運営への参加を促し、地域に開かれた学校づくりを推進するため、四街道市立小学校及び中学校管理規則(昭和51年教育委員会規則第1号。以下「規則」という。)第10条に規定する学校評議員(以下「学校評議員」という。)の定数、任期その他学校評議員に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規則において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 学校 規則第1条に規定する四街道市立小学校及び中学校をいう。

(2) 校長 規則第3条に規定する校長をいう。

(職務)

第3条 学校評議員は、四街道市立小学校及び中学校の校長(以下「校長」という。)の求めに応じて、校長の行う学校運営に関して、意見を述べるものとする。

(推薦)

第4条 校長は、規則第10条第2項の規定により学校評議員を推薦するときは、学校評議員候補者推薦書(様式第1号)を教育委員会に提出しなければならない。

2 校長は、学校評議員を推薦するに当たり、地域や学校の実情に応じて、できる限り幅広く意見を求めることができるよう、当該学校の通学区域内外の有識者、青少年団体等の代表者、保護者等推薦する者の構成分野を考慮するとともに、学校において取り組むべき課題等に留意しなければならない。

3 校長は、次に掲げる者を学校評議員として推薦することができない。

(1) 当該学校の職員

(2) 学校の児童及び生徒

(3) 教育委員、教育長その他教育委員会事務局職員

(4) その他職務又は権限に基づき学校運営に関係する者

(委嘱)

第5条 教育委員会は、校長から推薦された者のうちから学校評議員を委嘱するものとする。

(定数)

第7条 学校評議員の定数は、1校につき5人以内とする。

(任期)

第8条 学校評議員の任期は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。ただし、再任を妨げない。

2 学校評議員が欠けた場合の補欠の学校評議員の任期は、前任者の残任期間とする。

3 教育委員会は、前2項の規定にかかわらず、特別の事由があるときは、前2項の規定による期間中においても、学校評議員の委嘱を解くことができる。

(服務)

第9条 学校評議員は、その職務を遂行するに当たって法令、条例及び教育委員会規則等に従わなければならない。

2 学校評議員は、その職の信用を傷つけ、又はその職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。

3 学校評議員は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後もまた同様とする。

(意見を求める範囲)

第10条 学校評議員に意見を求める事項は、校長が行う学校運営に関する事項であって、校長の権限に属するもののうち、校長が必要と認めるものとする。

2 前項に規定する事項は、おおむね次に掲げるとおりとする。

(1) 学校運営に関する基本方針

(2) 重要な教育活動に関する事項

(3) 教育目標及び教育計画に関する事項

(4) 地域との連携の進め方に関する事項

(運営)

第11条 校長は、学校評議員に対し、学校の活動状況等について十分説明しなければならない。ただし、個人の権利及び利益を十分尊重し、個人情報の保護に必要な措置を講じなければならない。

2 校長は、必要に応じて学校評議員の会議を開催し、意見交換を行うことができる機会を設ける等運営上の工夫を講じることができる。

(報告)

第12条 校長は、学校評議員からの意見について各学期ごとに学校評議員意見聴取報告書(様式第2号)により、第1学期分にあっては8月5日まで、第2学期分にあっては1月10日まで、第3学期分にあっては4月5日までに教育委員会に報告しなければならない。

(報酬等)

第13条 学校評議員の報酬等の支給については、条例の定めるところによる。

(補則)

第14条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、教育委員会が別に定める。

2 学校評議員の運営方法及び手続については、教育委員会の定める範囲内において校長が必要な事項を定めることができる。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

四街道市学校評議員規則

平成13年3月30日 教育委員会規則第7号

(平成13年3月30日施行)