○四街道市民生委員推薦会規則

昭和63年12月7日

規則第26号

(趣旨)

第1条 この規則は、民生委員法施行令(昭和23年政令第226号)第7条の規定により、四街道市民生委員推薦会(以下「推薦会」という。)に関し必要な事項を定めるものとする。

(定数等)

第2条 推薦会の委員の定数は、12人以内とする。

2 推薦会の委員は、次に掲げる者のうちから市長が委嘱する。

(1) 民生委員

(2) 社会福祉事業の実施に関係のある者

(3) 社会福祉関係団体の代表者

(4) 教育に関係のある者

(5) 学識経験のある者

(6) その他市長が必要と認める者

(平26規則3・全改)

(委員長の任期)

第3条 推薦会の委員長(以下「委員長」という。)の任期は、3年とする。ただし、補欠により就任した委員長の任期は、前任者の残任期間とする。

(招集)

第4条 委員長は、推薦会を招集しようとするときは、あらかじめ文書をもつて日時、場所等について委員に通知するものとする。

2 市長は、新しく全委員を委嘱したときは、速やかに推薦会を招集するものとする。

(議事に参与することの禁止)

第5条 推薦会の委員は、自己又は同居の親族若しくはその配偶者に関する議事に参与することができない。

(会議の非公開等)

第6条 推薦会の会議は、これを非公開とする。

2 推薦会に出席した者は、その議事の内容について秘密を守らなければならない。

(議事録等)

第7条 推薦会は、委員名簿、会議の議事録を常に整備しておかなければならない。

(幹事、書記の定数)

第8条 推薦会に幹事及び書記各1人を置く。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成26年規則第3号)

この規則は、平成26年5月1日から施行する。

四街道市民生委員推薦会規則

昭和63年12月7日 規則第26号

(平成26年5月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第1節
沿革情報
昭和63年12月7日 規則第26号
平成26年3月31日 規則第3号