○四街道市災害見舞金等支給要綱

平成4年3月31日

告示第39号

(趣旨)

第1条 この告示は、災害を受けた者に対し、災害見舞金及び災害弔慰金(以下「災害見舞金等」という。)を支給するために必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この告示において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 災害 暴風、豪雨、地震その他の異常な自然現象又は火事若しくは爆発等の原因による被害

(2) 市民 災害を受けた時、本市に居住し、住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)の規定に基づき本市において記録されている者

(平24告示114・一部改正)

(災害見舞金等の支給)

第3条 市民が居住している家屋又は自己の家財に、次の各号に掲げる災害を受けたときは、それぞれ当該各号に定める額の災害見舞金を災害を受けた世帯の代表者に支給する。ただし、複数の災害が重複して発生した場合の災害見舞金は、支給額の多いものとし、重複して支給しない。

(1) 全壊又は全焼 50,000円

(2) 半壊又は半焼 30,000円

(3) 床上浸水 10,000円

2 市民が災害により死亡したときは、死亡者1人当たり災害弔慰金50,000円を死亡者の遺族の代表者に支給する。

3 前2項に規定するもののほか、市長が特に必要と認めたときは、災害見舞金等を支給することができる。この場合において、災害見舞金等の額は、市長が災害の程度を考慮して決定する。

(支給の制限)

第4条 前条の規定にかかわらず、次の各号の一に該当する場合は、災害見舞金等は、支給しない。

(1) 災害救助法(昭和22年法律第118号)の適用を受けたとき。

(2) 千葉県市町村災害弔慰金の支給等に関する条例(昭和49年千葉県市町村総合事務組合条例第1号)の規定に基づく災害弔慰金の支給を受けたとき。

(3) 災害が、当該災害を受けた市民の故意又は重大な過失によるとき。

(支給手続)

第5条 災害見舞金等の支給を受けようとする者は、災害を受けた日から30日以内に災害見舞金等支給申請書(様式第1号)を市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項に規定する申請があったときは、災害見舞金等支給調査書(様式第2号)により速やかに災害の状況を調査し、支給の可否を決定するものとする。

3 第1項の規定にかかわらず、災害事実が明らかなときは、当該申請を省略することができる。

(補則)

第6条 この告示に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成4年4月1日から施行する。

(四街道市災害見舞金支給要綱の廃止)

2 四街道市災害見舞金支給要綱(昭和58年告示第63号)は、廃止する。

附 則(平成24年告示第114号)

(施行期日)

1 この告示は、平成24年7月9日から施行する。

画像

画像

四街道市災害見舞金等支給要綱

平成4年3月31日 告示第39号

(平成24年7月9日施行)