○四街道市建築協定条例施行規則

昭和50年7月3日

規則第6号

(趣旨)

第1条 この規則は、四街道市建築協定条例(昭和50年条例第12号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(平3規則8・一部改正)

(建築協定をすることができる一定区域の面積)

第2条 条例第2条の規定により、建築協定をすることができる一定の区域の面積は、1万平方メートル以上とする。ただし、市長が特に必要があると認める場合は、この限りでない。

(建築協定の公告)

第3条 建築基準法(昭和25年法律第201号。以下「法」という。)第71条の規定による建築協定書が提出された旨及びそれを縦覧に供する旨の公告は、四街道市公告式条例(昭和30年四街道市条例第2号)第2条第2項に規定する掲示場に掲示してこれを行う。

2 前項の規定は、法第74条の規定による建築協定の変更の場合に準用する。

(平3規則8・追加)

(建築協定書の縦覧)

第4条 法第71条、第73条第3項及び第74条第2項の規定による建築協定書の縦覧場所、縦覧日及び縦覧時間は、次のとおりとする。

(1) 縦覧場所 四街道市都市部建築課

(2) 縦覧日 日曜日、土曜日、国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日及び12月29日から翌年の1月3日までの日を除く日

(3) 縦覧時間 午前9時から午後5時まで

(平3規則8・旧第3条繰下・全改、平4規則37・平12規則3・平13規則21・平19規則15・一部改正)

(委任)

第5条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

(平3規則8・旧第5条繰下・一部改正、平13規則21・旧第6条繰上)

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和56年規則第16号)

この規則は、昭和56年4月1日から施行する。

附 則(平成3年規則第8号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成4年規則第37号)

(施行期日)

1 この規則は、平成4年11月1日から施行する。

(週40時間勤務制の試行のための職員の職務に専念する義務の特例に関する規則の廃止)

2 週40時間勤務制の試行のための職員の職務に専念する義務の特例に関する規則(平成4年規則第28号)は、廃止する。

附 則(平成12年規則第3号)

(施行期日)

1 この規則は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成13年規則第21号)

この規則は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成19年規則第15号)

(施行期日)

1 この規則は、平成19年4月1日から施行する。

四街道市建築協定条例施行規則

昭和50年7月3日 規則第6号

(平成19年4月1日施行)

体系情報
第10編 設/第1章 土木・建設
沿革情報
昭和50年7月3日 規則第6号
昭和56年3月31日 規則第16号
平成3年2月28日 規則第8号
平成4年9月28日 規則第37号
平成12年3月30日 規則第3号
平成13年3月29日 規則第21号
平成19年3月30日 規則第15号