○四街道市緑の保全及び緑化の推進に関する条例

昭和60年9月30日

条例第28号

(目的)

第1条 この条例は、本市における緑の適正な保全と緑化の推進に関して必要な事項を定めることにより、うるおいと活力のある市民生活都市の形成を図り、もつて現在及び将来の市民の健康で快適な生活の確保に寄与することを目的とする。

(責務)

第2条 市長は、緑の保全及び緑化の推進(以下「緑化の推進等」という。)を図るため、基本的かつ総合的な施策を策定し、これを実施するものとする。

(調査研究知識の普及)

第3条 市長は、緑化の推進等に関し、総合的な調査及び研究を行い、市民等の自主的な緑化活動に資するとともに、知識の普及に努めなければならない。

2 市長は、緑化の推進等に必要な技術的指導及び助言をすることができる。

(市の木)

第4条 市の木は、桜とする。

(公共施設等の緑化)

第5条 市長は、公園、道路、学校、保育所その他公共施設の緑化に努めなければならない。

(居住地等の緑化)

第6条 市民は、市長が実施する緑化の推進等に関する総合的な施策に協力するとともに、自らの居住地等の緑化に努めるものとする。

(宅地造成地の緑化)

第7条 建築物の建築の用に供する目的で土地の造成を行う者は、設計及び施工において当該区域の緑地の保全及び緑化に努めなければならない。

(工場敷地の緑化)

第8条 工場を設置している者又は設置しようとする者は、工場敷地内に緑地を確保し、樹木・花等を植栽するよう努めなければならない。

(緑化強調運動)

第9条 市長は、みどり豊かな住みよい環境づくりのため、緑化強調月間を定め緑化の推進等のため各種行事を行うものとする。

(助成)

第10条 市長は、緑化の推進等のために必要な助成をすることができる。

(委任)

第11条 この条例の施行に関し、必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、昭和60年10月1日から施行する。

四街道市緑の保全及び緑化の推進に関する条例

昭和60年9月30日 条例第28号

(昭和60年9月30日施行)