○四街道市水道事業及び下水道事業用行政財産使用許可規程

平成6年3月28日

企業部管理規程第3号

(趣旨)

第1条 この管理規程は、水道事業及び下水道事業の用に供する行政財産で、地方自治法(昭和22年法律第67号)第238条の4第7項及び地方公営企業法(昭和27年法律第292号)第33条第3項の規定により、行政財産の使用許可及びその使用料に関して必要な事項を定めるものとする。

(平18管理規程1・平29水道事業センター管理規程1・一部改正)

(使用許可の範囲)

第2条 水道事業及び下水道事業の管理者の権限を行う市長(以下「管理者」という。)は、行政財産の使用目的が次の各号の一に該当する場合は、その使用を許可することができる。

(1) 水道事業及び下水道事業その他の公益事業の用に供するとき。

(2) 企業職員及び市職員等の福利厚生のための施設として使用するとき。

(3) 国又は他の地方公共団体において公用又は公共用に供するとき。

(4) その他管理者が特に必要があると認めたとき。

2 前項の使用許可の期間は、1年以内とする。ただし、管理者が特に必要があると認めるときは、この限りでない。

3 管理者は、第1項の許可に際し、必要な条件を付すことができる。

(平18管理規程1・平19管理規程2・平29水道事業センター管理規程1・一部改正)

(使用の申請)

第3条 行政財産を使用しようとする者(以下「申請者」という。)は、行政財産使用許可申請書(様式第1号)を管理者に提出しなければならない。

(平19管理規程2・一部改正)

(使用の許可)

第4条 管理者は、行政財産の使用許可を決定したときは、行政財産使用許可書(様式第2号)を申請者に交付しなければならない。

(平19管理規程2・一部改正)

(使用料の徴収)

第5条 使用料については、四街道市使用料条例(昭和61年条例第8号)に定めるところにより徴収しなければならない。

2 前項の規定により難い場合は、管理者が別に定める。

(平19管理規程2・一部改正)

(使用料の減免)

第6条 管理者は、行政財産の使用について特別な事情があると認めるときは、前条に定める使用料の全部又は一部を免除することができる。

(平19管理規程2・一部改正)

(使用料の還付)

第7条 既納の使用料は、還付しない。ただし、管理者が特別な理由があると認めるときは、この限りでない。

(平19管理規程2・一部改正)

(補則)

第8条 この管理規程に定めるもののほか必要な事項は、管理者が別に定める。

(平19管理規程2・一部改正)

附 則

この管理規程は、平成6年4月1日から施行する。

附 則(平成18年管理規程第1号)

この管理規程は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成19年管理規程第2号)

この管理規程は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成29年水道事業センター管理規程第1号)

この管理規程は、平成29年4月1日から施行する。

(平19管理規程2・平29水道事業センター管理規程1・一部改正)

画像

(平19管理規程2・平29水道事業センター管理規程1・一部改正)

画像

四街道市水道事業及び下水道事業用行政財産使用許可規程

平成6年3月28日 企業部管理規程第3号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第11編 公営企業/第1章
沿革情報
平成6年3月28日 企業部管理規程第3号
平成18年3月28日 企業部管理規程第1号
平成19年3月30日 企業部管理規程第2号
平成29年1月10日 水道事業センター管理規程第1号