○四街道市こどもルーム条例施行規則

平成17年10月5日

規則第44号

(趣旨)

第1条 この規則は、四街道市こどもルーム条例(平成17年条例第21号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(定員等)

第2条 条例第2条第2項のこどもルームの定員は、次のとおりとする。

名称

定員

四街道小そらこどもルーム

45人

四街道小うみこどもルーム

40人

中央小あおばこどもルーム

40人

中央小わかばこどもルーム

40人

旭小こどもルーム

45人

大日小さくらこどもルーム

40人

大日小すみれこどもルーム

40人

八木原小けやきこどもルーム

40人

四和小ひかりこどもルーム

40人

四和小のぞみこどもルーム

40人

吉岡小こどもルーム

40人

和良比小にじこどもルーム

30人

和良比小ほしこどもルーム

30人

和良比小つきこどもルーム

40人

栗山小こどもルーム

40人

山梨小こどもルーム

30人

南小ももこどもルーム

40人

南小ゆりこどもルーム

40人

みそら小こどもルーム

30人

2 条例第2条第3項の市長が定めるこどもルームの名称、位置及び定員は、次のとおりとする。

名称

位置

定員

四街道小やまこどもルーム

四街道市四街道1557番地

30人

中央小ふたばこどもルーム

四街道市鹿渡無番地

40人

八木原小ひのきこどもルーム

四街道市千代田五丁目4番

36人

和良比小たいようこどもルーム

四街道市和良比517番地13

45人

3 市長は、特に必要があると認めるときは、条例第2条第2項のこどもルーム又は条例第2条第3項の市長が定めるこどもルーム(以下単に「こどもルーム」という。)の管理又は運営上支障のない範囲で、臨時に前2項に定めるそれぞれの定員を超えて入所させることができる。

(平20規則4・平21規則5・平22規則20・平26規則2・平28規則3・平29規則10・平30規則15・平30規則26・令2規則20・令3規則11・一部改正)

(土曜日の開所)

第3条 条例第4条第1項第1号に規定する土曜日に開所するこどもルームは、次の各号に定めるとおりとする。

(1) 中央小あおばこどもルーム

(2) 中央小わかばこどもルーム

(平21規則5・平22規則20・平28規則3・一部改正)

(入所の許可申請)

第4条 児童をこどもルームに入所させようとする当該児童の保護者は、こどもルーム入所許可申請書(様式第1号)条例第5条に該当することを証する書類を添えて、市長に申請しなければならない。ただし、条例第5条に該当することを市長が確認できるときは、市長は当該書類の一部を省略させることができる。

(平22規則20・平30規則15・一部改正)

(入所の許可通知)

第5条 市長は、こどもルームへの入所を許可する旨の決定をしたときはこどもルーム入所許可通知書(様式第2号)により、入所を許可しない旨の決定をしたときはこどもルーム入所不許可通知書(様式第3号)により、保護者に通知するものとする。

(平22規則20・平30規則15・一部改正)

(時間外保育等利用の許可申請)

第5条の2 前条の規定による許可を受けた児童の保護者が、条例別表に定める加算額を要する日時及び期間における保育を当該児童に利用させようとする場合(以下「時間外保育等利用」という。)は、こどもルーム時間外保育等利用許可申請書(様式第4号)により、市長に申請しなければならない。

(平30規則15・追加)

(時間外保育等利用の許可通知)

第5条の3 市長は、時間外保育等利用を許可する旨の決定をしたときは、こどもルーム時間外保育等利用許可通知書(様式第5号)により、保護者に通知するものとする。

(平30規則15・追加)

(許可の取消通知)

第5条の4 条例第8条の規定により入所の許可を取り消した場合は、こどもルーム入所許可取消通知書(様式第6号)により、保護者に通知するものとする。

(平30規則15・追加)

(退所の届出)

第5条の5 児童をこどもルームから退所させようとする当該児童の保護者は、こどもルーム退所届(様式第7号)により、市長に届け出なければならない。

(平30規則15・追加)

(保育料の支払方法)

第6条 条例第9条の保育料の納付は、指定する日に口座振替の方法によるものとする。

2 前項による保育料の納付がなされなかった場合は、市長が別に指定する方法によりこれを納付するものとする。

(平30規則15・全改、令2規則8・一部改正)

(保育料の減免)

第7条 条例第11条の規定により保育料(基準額、夏季休業利用加算額及び休所日利用加算額に限る。以下同じ。)を減額又は免除するときは、次の各号に定めるとおりとする。

(1) 生活保護法(昭和25年法律第144号)による被保護世帯 免除

(2) 前年度の市町村民税が非課税の世帯 免除

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が特に必要と認めた場合 減額又は免除

2 前項の規定により保育料の減額又は免除を受けようとする保護者は、こどもルーム保育料減額・免除申請書(様式第8号)前項各号のいずれかに該当することを証する書類を添えて、市長に申請しなければならない。ただし、前項各号に該当することを市長が確認できるときは、市長は当該書類の添付を省略させることができる。

3 市長は、前項に規定する申請があったときは、減額又は免除の可否を決定し、こどもルーム保育料減額・免除決定通知書(様式第9号)により保護者に通知するものとする。

(平22規則20・平30規則15・一部改正)

(補則)

第8条 この規則に定めるもののほか、こどもルームの設置及び運営に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成18年4月1日から施行する。

(準備行為)

2 この規則の規定に基づく四街道市こどもルームの入所の許可手続その他の準備行為は、この規則の施行日前においても行うことができる。

附 則(平成20年規則第4号)

この規則は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成21年規則第5号)

この規則は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成22年規則第20号)

この規則は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成26年規則第2号)

この規則は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成28年規則第3号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成29年規則第10号)

この規則は、平成29年4月1日から施行する。

附 則(平成30年規則第15号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。ただし、第2条の改正規定は、平成30年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行日前に調製した用紙は、この規則の施行日以後においても、当分の間、所要の調整をして使用することができる。

附 則(平成30年規則第26号)

この規則は、平成30年12月1日から施行する。

附 則(令和2年規則第8号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(令和2年規則第20号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(令和3年規則第11号)

この規則は、令和3年4月1日から施行する。

(平30規則15・全改、令2規則8・令3規則11・一部改正)

画像

(平22規則20・平30規則15・一部改正)

画像

(平22規則20・一部改正)

画像

(平30規則15・追加、令2規則8・一部改正)

画像画像画像

(平30規則15・追加)

画像

(平30規則15・追加)

画像

(平30規則15・追加、令2規則8・一部改正)

画像

(平30規則15・追加、令2規則8・一部改正)

画像画像画像

(平22規則20・一部改正、平30規則15・旧様式第5号繰下)

画像

四街道市こどもルーム条例施行規則

平成17年10月5日 規則第44号

(令和3年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第3節 児童・母子福祉
沿革情報
平成17年10月5日 規則第44号
平成20年3月28日 規則第4号
平成21年3月25日 規則第5号
平成22年6月30日 規則第20号
平成26年3月31日 規則第2号
平成28年3月31日 規則第3号
平成29年3月28日 規則第10号
平成30年3月30日 規則第15号
平成30年9月28日 規則第26号
令和2年3月31日 規則第8号
令和2年6月30日 規則第20号
令和3年3月31日 規則第11号