○四街道市地域福祉施設の設置及び管理に関する条例

平成23年3月30日

条例第3号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第1項の規定により、四街道市地域福祉施設(以下「地域福祉施設」という。)の設置及び管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 市は、地域福祉の向上を図り、地域住民主体による地域の活性化及び世代間交流の場とし、もって福祉の増進に資するため、地域福祉施設を設置する。

(名称及び位置)

第3条 地域福祉施設の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

千代田中学校地区地域福祉館

四街道市千代田5丁目4番

(事業)

第4条 地域福祉施設が行う事業は、次に掲げるとおりとする。

(1) 地域福祉活動に資するための施設の提供に関すること。

(2) 前号に掲げるもののほか、市長が必要と認めた事業に関すること。

(開館時間)

第5条 地域福祉施設の開館時間は、午前9時から午後5時までとする。ただし、管理運営上特に必要と認めるときは、市長は、開館時間を変更することができる。

(休館日)

第6条 地域福祉施設の休館日は、12月29日から翌年の1月3日までとする。ただし、管理運営上特に必要と認めるときは、市長は、臨時に休館日以外の日に休館することができる。

(使用資格者等)

第7条 地域福祉施設を使用することができる者は、本市に住所を有する者、在勤者、在学者及びこれらの者で組織された団体とする。

2 前項の規定にかかわらず、市長が特に認めた者は、地域福祉施設を使用することができる。

(使用の許可)

第8条 地域福祉施設を使用しようとする者は、あらかじめ市長の許可を受けなければならない。

(許可の制限)

第9条 市長は、次の各号のいずれかに該当すると認めたときは、地域福祉施設の使用を許可しないことができる。

(1) 公の秩序又は善良な風俗を乱すおそれがあるとき。

(2) 営利を目的とする興行その他これに類似する行為を行うおそれがあるとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、地域福祉施設の管理運営上支障があるとき。

(許可の取消し等)

第10条 市長は、第8条に規定する許可を受けた者(以下「使用者」という。)次の各号のいずれかに該当する場合は、その許可を取り消し、又は使用を中止させることができる。

(1) この条例又はこの条例に基づく規則に違反したとき。

(2) 虚偽の申請、その他不正の手段により使用の許可を受けた事実が明らかになったとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、地域福祉施設の管理運営上支障があるとき。

2 前項の規定(第3号に該当する場合を除く。)による使用許可の取消し又は使用の中止により、使用者に損害が生ずることがあっても、市長は賠償の責めを負わない。

(使用料)

第11条 地域福祉施設の使用料は、無料とする。

(損害賠償)

第12条 市長は、使用者が故意又は過失により地域福祉施設の施設等を損傷し、又は滅失したときは、これを原状に復し、又はその損害を賠償させることができる。

(委任)

第13条 この条例に定めるもののほか、地域福祉施設の管理及び運営に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成23年4月1日から施行する。

(準備行為)

2 この条例を施行するために必要な準備行為は、この条例の施行の日前においても行うことができる。

四街道市地域福祉施設の設置及び管理に関する条例

平成23年3月30日 条例第3号

(平成23年4月1日施行)