○四街道市学校給食費の管理に関する条例

平成26年12月22日

条例第20号

(趣旨)

第1条 この条例は、学校給食法(昭和29年法律第160号。以下「法」という。)第4条の規定に基づき市が実施する学校給食に係る学校給食費の管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 学校給食 法第3条第1項に規定する学校給食をいう。

(2) 学校給食費 法第11条第2項に規定する学校給食費をいう。

(3) 児童等 四街道市立小学校設置条例(平成2年条例第11号)第2条の規定により設置する小学校及び四街道市立中学校設置条例(平成2年条例第12号)第2条の規定により設置する中学校に在学する児童又は生徒をいう。

(4) 保護者 親権を行う者、未成年後見人その他の者で、児童等を現に監護するものをいう。

(学校給食の実施)

第3条 市は、児童等に対し、学校給食を実施するものとする。

(学校給食費の徴収)

第4条 市長は、学校給食を受ける児童等の保護者から学校給食費を徴収する。

2 前項の学校給食費の額は、規則で定める。

(学校給食費の納付)

第5条 児童等の保護者は、規則で定める日までに、学校給食費を市長が指定する金融機関に納付しなければならない。

(学校給食費の減額)

第6条 市長は、特別の理由があると認める場合は、学校給食費を減額することができる。

(委任)

第7条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成27年4月1日から施行する。

(準備行為)

2 この条例を施行するために必要な準備行為は、この条例の施行の日前においても行うことができる。

四街道市学校給食費の管理に関する条例

平成26年12月22日 条例第20号

(平成27年4月1日施行)