○由布市普通河川取締条例

平成17年10月1日

条例第195号

(目的)

第1条 この条例は、法令に特別の定めのあるものを除くほか、普通河川における工事その他の行為を規制し、もって公共の利益を図ることを目的とする。

(定義)

第2条 この条例において「普通河川」とは、河川法(昭和39年法律第167号)及び普通河川取締条例(昭和32年大分県条例第65号)の適用又は準用をしない流水、水面及びその敷地で市長の認定したもの並びにその区域内に設けられた堤防、護岸、水利ダム、門、樋管その他流水から生ずる公利を増進し、又は公害を除去し、若しくは軽減する効用を有する施設を含むものとする。

(告示)

第3条 市長は、前条の規定による認定をしたときは、当該河川名、起点、終点その他必要な事項を告示しなければならない。

(禁止事項)

第4条 普通河川においては、次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 割水、取水若しくは排水又は護岸の目的のため施設した工作物及び測量標、量水標その他の標識並びにその保護物件に船、いかだ、家畜若しくは竹木等をみだりに繋留すること。

(2) 普通河川敷に土石、ごみ、汚物等をみだりに投棄し、又は堆積すること。

(3) 道路兼用でない堤防上に車両を通行させること。

(制限事項)

第5条 普通河川敷において次の行為をしようとする者は、市長の許可を受けなければならない。

(1) 普通河川に接近して土地を掘削し、その他土地の形状を変更すること。

(2) 敷地に固着して工作物を設置すること。

(3) 敷地(私有地を除く。)又は流水を営業用として使用し、又は占用すること。

(4) 敷地内において土石、砂利、砂等を採取すること。

(5) 敷地を埋立し、又は耕作すること。

(6) 敷地に竹木等を栽植すること。

(7) いかだ又は竹木等を流送すること。

(8) 前各号に掲げるもののほか、流水の方向、分量、幅員若しくは深浅又は敷地の現状に著しく影響を及ぼすおそれのある行為をすること。

(国等の特例)

第6条 前条の規定にかかわらず、国、県、他の地方団体等が同条各号に掲げる行為をしようとするときは、あらかじめ市長に協議しなければならない。協議した事項について変更しようとするときも、同様とする。

(許可の期限)

第7条 市長は、第5条の規定により許可する場合においては5年以内の期限を定めて許可しなければならない。ただし、水力発電、かんがい等長期にわたる工作物を設置することが必要と認められる場合においては、30年以内とすることができる。

2 前項に定めるもののほか、市長は、第5条の規定により許可する場合は、取締上必要な条件を付することができる。

(許可事項の変更)

第8条 許可を受けたものが、許可を受けた事項を変更しようとするときは、あらかじめその理由を付け、市長の承認を受けなければならない。

(許可の取消しその他の処分)

第9条 市長は、次の各号のいずれかに該当する理由のあるときは、許可を取り消し、条件を変更し、又は必要な措置を命ずることができる。

(1) 許可を受けた者が許可の条件に違反したとき。

(2) 不正な手段により許可を受けたとき。

(3) 普通河川に関する工事を施行するためやむを得ない必要が生じたとき。

(4) 許可を受けた者以外の者に工事占用その他の行為を許可する公益上の必要が生じたとき。

(5) その他公益上やむを得ない必要が生じたとき。

(原状回復)

第10条 許可を受けた者は、許可の期限が満了したとき、又は前条の規定により許可が取り消されたときは、速やかに普通河川を原状に回復しなければならない。ただし、あらかじめ市長の承認を受けた場合又は市長が別に指示した場合は、この限りでない。

(占用及び採取料金)

第11条 許可を受けたものは、別表第1又は別表第2の定めるところにより、占用料又は採取料を納めなければならない。

2 前項の規定により算定した占用料又は採取料が100円未満の場合は、100円とする。

(占用料の減免)

第12条 市長は、災害その他特別の事情があると認めるものに対しては、占用料及び採取料の額の全部又は一部を免除することができる。

(委任)

第13条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、普通河川取締条例施行規則(昭和33年大分県規則第15号)を準用する。

(罰則)

第14条 第4条又は第5条の規定に違反した者は、5,000円以下の科料に処する。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の挾間町普通河川取締条例(昭和54年挾間町条例第22号)、普通河川取締条例(昭和54年庄内町条例第19号)又は湯布院町普通河川取締条例(昭和61年湯布院町条例第30号)(以下これらを「合併前の条例」という。)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされた処分、手続その他の行為とみなす。

3 この条例の施行の日の前日までにした行為に対する罰則の適用については、なお、合併前の条例の例による。

別表第1(第11条関係) 占用料金

種別

単位

占用料金

摘要

通路及び通路橋

1年 1平方メートル

10

 

樋管理架設物

1年 1メートル

15

 

牧場

1年 1平方メートル

2

 

材料置場

1年 1平方メートル

9

 

その他の工作物

1年 1平方メートル

35

 

水利使用料

工業用

1年毎秒 1立方メートル

 

 

漁業用

その他

1年毎秒 1立方メートル

 

 

別表第2(第11条関係) 採取料金

種別

単位

払下金額

摘要

1立方メートルにつき

70円

 

砂利

70円

 

栗石

110円

径8cm又は20cm未満

玉石

1個につき

20円

径20cm以上35cm未満

転石

40円

60cm未満

50円

90cm未満

90円

90cm以上

その他本表により難い特殊の占用料は、上記に準じてその都度市長が定める。

由布市普通河川取締条例

平成17年10月1日 条例第195号

(平成17年10月1日施行)