○湯河原町湯河原観光会館条例

昭和38年4月1日

条例第12号

(趣旨)

第1条 この条例は、湯河原観光会館(以下「会館」という)の設置管理及び使用に関し必要な事項を定める。

(設置)

第2条 町は観光の発展を図るため会館を設置する。

2 会館の名称及び位置は次のとおりとする。

(1) 名称 湯河原観光会館

(2) 位置 湯河原町宮上566番地

(休館日及び開館時間)

第3条 会館の休館日及び開館時間は、次のとおりとする。

(1) 休館日

 水曜日

 12月29日から翌年の1月3日までの日

(2) 開館時間 午前9時から午後10時まで

2 前項の規定にかかわらず、補修その他管理上又は施設運営上の理由により町長が認めるときは、休館日及び開館時間を変更することができる。

(使用の承認)

第4条 会館の施設を使用しようとする者は、あらかじめ町長の承認を受けなければならない。

(使用の制限)

第5条 次の各号のいずれかに該当するときは、町長は会館施設の使用を承認してはならない。

(1) 公益を害し、風俗を乱すおそれがあると認められるとき。

(2) 施設を損傷するおそれがあると認められるとき。

(3) 管理上支障があると認められるとき。

(4) 集団的又は常習的に暴力的不法行為を行うおそれがある組織の利益になると認められるとき。

(5) その他町長がその使用を不適当と認めたとき。

2 町長は会館の使用について、管理上必要な条件を付することができる。

(目的外の使用禁止、使用権利の譲渡禁止)

第6条 第4条の規定により使用の承認を受けたもの(以下「使用者」という。)は、その承認を受けた目的以外に会館施設を使用し、又はその権利を他に譲渡し若しくは転貸することができない。

(使用の停止等)

第7条 使用者が次の各号のいずれかに該当するときは、町長はその使用を停止し、又は使用承認を取り消すことができる。

(1) この条例又はこの条例に基づく規則に違反したとき。

(2) 使用承認の条件に違反したとき。

(3) その他町長が必要と認めたとき。

(使用料)

第8条 会館施設の使用料は別表第1別表第2及び別表第3のとおりとする。ただし、町長は特別の理由があると認めるときは、これを減免することができる。

(使用料の徴収)

第9条 使用料は使用承認のとき徴収する。

2 使用内容の変更による使用料の追徴は変更承認のとき徴収する。

3 国又は地方公共団体その他これに類する団体に使用を承認した場合は、前2項の規定にかかわらず、別に納期を指定して使用料を徴収する。

(使用料の還付)

第10条 既納の使用料は還付しない。ただし、次の各号のいずれかに該当するときは、町長はその全部又は一部を還付することができる。

(1) 使用者の責に帰さない理由により、使用することができないとき。

(2) 町長が公益上、その他やむを得ない理由により使用の承認を取り消したとき又は使用を停止させたとき。

(3) 使用開始5日前までに使用の取消しを申し出て、町長が正当の理由があると認めたとき。

(損害額の賠償)

第11条 使用者は、会館施設を損傷又は滅失したときは、町長の定める損害額を賠償しなければならない。

(指定管理者による管理)

第12条 町長は、会館の設置目的を効果的に達成するため又は運営管理上必要があると認めるときは、指定管理者(地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項に規定する指定管理者をいう。以下同じ。)に会館の管理を行わせることができる。

2 前項の規定により指定管理者に管理を行わせる場合における、第4条第5条及び第7条の規定の適用については、これらの規定中「町長」とあるのは、「指定管理者」とする。

(指定管理者が行う業務の範囲)

第13条 前条第1項の規定により指定管理者に会館の管理を行わせる場合において当該指定管理者が行う業務は、次に掲げる業務とする。

(1) 会館の使用料の収受に関する業務

(2) 会館の使用の許可に関する業務

(3) 会館の施設及び設備の維持管理に関する業務

(4) 会館の休館日及び開館時間の変更に関する業務。ただし、休館日及び開館時間を変更する場合は、あらかじめ町長の承認を受けなければならない。

(利用料金)

第14条 町長は、第12条第1項の規定により指定管理者に会館の管理を行わせる場合において、適当と認めるときは、指定管理者に会館の利用に係る料金(以下「利用料金」という。)を当該指定管理者の収入として収受させることができる。

2 利用料金の額は、別表第1から別表第3までに掲げる使用料に0.8を乗じて得た額から当該使用料に1.2を乗じて得た額までの範囲内の額で、指定管理者が町長の承認を得て定める額とする。

3 第1項の規定により利用料金を指定管理者の収入として収受させる場合における第8条から第10条まで及び別表第1から別表第3までの規定の適用については、第8条の見出し中「使用料」とあるのは「利用料金」と、同条中「使用料」とあるのは「利用料金」と、「町長」とあるのは「指定管理者」と、第9条(見出しを含む。)中「使用料」とあるのは「利用料金」と、第10条の見出し中「使用料」とあるのは「利用料金」と、同条中「使用料」とあるのは「利用料金」と、「町長」とあるのは「指定管理者」と、別表第1から別表第3までの規定中「使用料」とあるのは「利用料金」とする。

(規則への委任)

第15条 この条例の施行について必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和41年3月30日条例第11号抄)

1 この条例は、昭和41年4月1日から施行する。

附 則(昭和44年4月1日条例第12号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和50年3月17日条例第8号)

この条例は、昭和50年4月1日から施行する。

附 則(昭和55年12月17日条例第28号)

この条例は、公布の日から施行し、昭和56年4月1日から適用する。

附 則(昭和56年3月16日条例第7号)

この条例は、公布の日から施行し、昭和56年4月1日から適用する。

附 則(昭和59年2月24日条例第2号)

この条例は、公布の日から施行する。ただし、別表の改正規定は、昭和59年7月1日から施行し、同日以後に会館を使用する場合の使用料から適用する。

附 則(昭和59年6月20日条例第7号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和61年12月23日条例第20号)

この条例は、公布の日から施行する。ただし、大会議室及び中会議室の項の改正規定は、昭和62年4月1日から適用する。

附 則(平成元年3月25日条例第8号抄)

(施行期日)

1 この条例は、平成元年4月1日から施行する。

(会館施設等の使用料に関する経過措置)

2 この条例の施行の際、現に会館施設等の利用を承認し、使用料を納付している者に係る使用料については、第3条の規定による改正後の条例の規定にかかわらず、なお従前の例による。

附 則(平成2年6月20日条例第7号)

1 この条例は、平成2年7月1日から施行する。

2 改正後の規定は、平成2年7月分の使用料から適用し、平成2年6月分までの使用料については、なお従前の例による。

附 則(平成9年2月18日条例第1号)

この条例は、平成9年4月1日から施行し、同日以後に会館施設を使用する場合の使用料から適用する。

附 則(平成9年12月5日条例第27号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成19年6月19日条例第13号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成23年9月15日条例第20号)

この条例は、平成24年4月1日から施行する。

別表第1(第8条関係)

会議室使用料

時間区分

種別

午前9時から午後5時まで1時間につき

午後5時から午後10時まで1時間につき

大会議室

入場料、会費その他これらに類する料金(以下「入場料等」という。)を徴収しない場合

3,000円

6,100円

入場料等を徴収する場合

入場料等が1人につき500円未満の場合

3,500円

7,500円

入場料等が1人につき500円以上の場合

4,000円

9,000円

中会議室

全室

1,100円

2,100円

1

600円

1,100円

2

500円

1,000円

小会議室

全室

600円

900円

1

200円

300円

2

200円

300円

3

200円

300円

特別会議室

600円

1,000円

応接室

400円

700円

楽屋

300円

400円

多目的広場

1,500円

2,900円

備考

1 使用時間が1時間に満たない場合又はこれに1時間未満の端数を生じた場合は、その満たない時間又はその端数の時間を1時間として計算する。

2 超過時間1時間につき、その時間区分の使用料の1時間相当額を加算する。

3 楽屋の使用料は、単独使用の場合に徴収する。

別表第2(第8条関係)

会議室の冷房・暖房設備使用料

区分

種別

冷房設備1時間につき

暖房設備1時間につき

大会議室

4,090円

4,410円

中会議室

全室

2,200円

2,310円

1

1,150円

1,150円

2

1,150円

1,150円

小会議室

全室

520円

520円

1

210円

210円

2

210円

210円

3

210円

210円

特別会議室

310円

310円

応接室

210円

210円

楽屋

210円

210円

多目的広場

2,100円

2,200円

別表第3(第8条関係)

附属設備使用料

種別

単位

使用料

サイドスポットライト

1式

1回につき 310円

フットライト

1式

〃     310円

ボーダーライト

1列

〃     520円

サスペンションフライダクト

1式

〃     420円

アッパーホリゾントライト

1列

〃     520円

金屏風

1双

〃     520円

コンセント

1ケ所

〃     100円

ピアノ

1台

1日につき 1,570円

移動用机

1台

〃     50円

移動用椅子

1脚

〃     20円

移動用黒板

1台

〃     210円

大太鼓

1式

〃     1,050円

マイク

1本

1回につき 310円

スクリーン(大)

1式

1日につき 1,050円

スクリーン(小)

1式

〃     210円

プロジェクター

1台

1回につき 1,050円

備考

1 1回の使用料とは、時間区分を各1回として算定する。

2 移動用机、移動用椅子、移動用黒板及び大太鼓の使用料は、会館外へ持ち出す場合に徴収する。

湯河原町湯河原観光会館条例

昭和38年4月1日 条例第12号

(平成24年4月1日施行)

体系情報
第9類 業/第2章 観光・商工
沿革情報
昭和38年4月1日 条例第12号
昭和41年3月30日 条例第11号
昭和44年4月1日 条例第12号
昭和50年3月17日 条例第8号
昭和55年12月17日 条例第28号
昭和56年3月16日 条例第7号
昭和59年2月24日 条例第2号
昭和59年6月20日 条例第7号
昭和61年12月23日 条例第20号
平成元年3月25日 条例第8号
平成2年6月20日 条例第7号
平成9年2月18日 条例第1号
平成9年12月5日 条例第27号
平成19年6月19日 条例第13号
平成23年9月15日 条例第20号