○湯河原町町税口座振替納付推進事業実施要綱

令和4年11月16日

告示第111号

(趣旨)

第1条 この要綱は、口座振替制度での納付を推進することにより、納税者の納付手続の簡素化及び利便性の向上並びに収納事務の効率化を図ることを目的として、口座振替での納付を行っている納税者に対し湯河原町内有料観光施設等招待券(以下「招待券」という。)を交付するため必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において「町税等」とは、次に掲げる歳入をいう。

(交付対象者)

第3条 招待券の交付対象者(次条において「交付対象者」という。)は、普通徴収の方法により徴収する個人の町民税及び県民税(以下「町民税等」という。)又は固定資産税及び都市計画税(以下「固定資産税等」という。)について、次の各号に掲げる区分に応じ、当該各号に定める日(以下「基準日」という。)までに当該賦課年度の納税義務者でかつ口座振替の申請をしたものをいう。ただし、当該賦課年度の5月31日において、前年度までに賦課された町税等に滞納があった場合は、この限りでない。

(1) 町民税等 当該賦課年度の第1期納期限

(2) 固定資産税等 当該賦課年度の第1期納期限

(招待券)

第4条 招待券により助成する範囲は、次の各号に掲げる使用料等とする。

(1) こごめの湯条例(昭和63年湯河原町条例第1号)第4条に基づくこごめの湯の使用料

(2) 町立湯河原美術館条例(平成9年湯河原町条例第34号)第3条に基づく町立湯河原美術館の観覧料

(3) 町立湯河原美術館内において有限会社コミュニティサービスが提供する商品等の購入。ただし、400円を限度とする。

(4) 湯河原町都市公園条例(昭和41年湯河原町条例第10号)第15条に基づく湯河原町総合運動公園パークゴルフ場の使用料

(5) 湯河原町ヘルシープラザ条例(平成元年湯河原町条例第3号)第5条に基づく湯河原町ヘルシープラザの使用料

(6) 湯河原町都市公園条例第15条に基づく湯河原海浜公園プールの使用料

(7) 万葉公園内において指定管理者が指定する商品等の購入。ただし、400円を限度とする。

2 招待券は、前項各号に規定する使用料等に対して利用できる共通券とする。

3 招待券は、交付対象者に対し、前条各号の税目ごとに1枚を交付する。

4 招待券は、1枚につき2名まで利用できるものとする。

5 招待券の有効期限は、当該賦課年度の3月31日とする。

(施行期日)

1 この告示は、令和5年4月1日から施行する。

(基準日の特例)

2 第3条の規定にかかわらず、令和5年度における同条各号の基準日は、令和5年8月31日とする。

(この告示の失効)

3 この告示は、毎年9月1日時点で、口座振替率が固定資産税等にあっては50パーセントかつ町民税等にあっては40パーセントを達した年度の3月31日限り、その効力を失う。

(令和5年6月27日告示第69号)

この告示は、公表の日から施行する。

湯河原町町税口座振替納付推進事業実施要綱

令和4年11月16日 告示第111号

(令和5年6月27日施行)

体系情報
第6類 務/第3章
沿革情報
令和4年11月16日 告示第111号
令和5年6月27日 告示第69号
令和6年3月8日 告示第21号