○岐阜市病院事業処務規程

平成31年4月1日

病院事業管理規程第2号

(趣旨)

第1条 この規程は、岐阜市病院事業の設置等に関する条例(昭和41年岐阜市条例第32号。以下「設置条例」という。)第1条の規定に基づいて設置する病院事業の処務に関し、必要な事項を定めるものとする。

(名称及び位置)

第2条 設置条例第4条第2項に規定する市民病院(以下「市民病院」という。)の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

岐阜市民病院

岐阜市鹿島町七丁目1番地

(組織)

第3条 市民病院に置く局、部、センター、室、ユニット及び課は、次のとおりとする。

部及びセンター

室、ユニット及び課

医療安全局

医療安全推進部

医療安全推進室

感染対策部

感染対策室

診療局(内科系部門)

総合内科部


第一内科部


第二内科部


糖尿病・内分泌内科部


総合診療・リウマチ膠原病センター


膠原病内科部


腎臓内科部


腎臓病・血液浄化センター


血液内科部


血液腫瘍センター


神経内科部


呼吸器内科部


呼吸器腫瘍内科部


呼吸器病センター


肺腫瘍センター


消化器内科部


消化器内視鏡部


肝臓内科部


胆膵内科部


消化器病センター


循環器内科部


循環器病センター


心不全センター


循環器画像診断部


小児科部


小児血液疾患センター


放射線科部


精神科部

精神科技術室

精神科デイ・ケアセンター

診療局(外科系部門)

外科部


消化器外科部


内視鏡外科部


肝・胆・膵外科部


肝・胆・膵センター


乳腺外科部


整形外科部


形成外科部


人工関節センター


脊椎センター


脳神経外科部


脳卒中センター


心臓血管外科部


呼吸器外科部


皮膚科部


泌尿器科部


泌尿器科内視鏡部


産婦人科部


産婦人科内視鏡部


婦人科腫瘍部


眼科部

眼科技術室

耳鼻いんこう科部


頭頸部外科部


リハビリテーション科部

リハビリテーション科技術室

歯科部

歯科技術室

歯科口くう外科部


口腔ケアセンター


診療局(がんセンター)

がん診療統括部


がん診療支援部

がん相談・がん就労支援室

院内がん登録室

がん診療人材育成室

外来化学療法部


緩和ケアセンター


放射線治療センター


診療局(災害・救急医療センター)

災害医療部


救急診療部


集中治療部

集中治療室

ハイケアユニット

診療局(認知症センター)

認知症疾患医療センター


診療局(中央部門)

中央手術部

中央手術室

中央材料室

麻酔科部


緩和医療科部


中央放射線部

画像検査室

放射線治療室

放射線安全管理室

画像診断部

放射線治療部

病理診断科部

病理検査室

臨床検査科部


中央検査部

生理検査室

臨床検査室

中央採血室

輸血部

輸血検査室

健康管理センター


薬剤部

薬務室

調剤室

医薬品情報管理室

治験管理センター



臨床工学室

栄養管理室

診療局(臨床・病理研究部門)

臨床研究支援センター


病理診断研究センター


看護局

看護部


医療推進局

医療情報部

医療情報室


診療情報管理室


医療クラーク室

地域連携部

地域連携室

入退院支援センター



研修センター

初期臨床研修センター

後期臨床研修センター

事務局


病院政策課

病院施設課

経営企画課

医事課

2 室又は課の事務を分掌させるため、必要に応じて係を置く。

(身分上の職名)

第4条 職員の身分上の職名は、次のとおりとする。

(1) 事務職員

(2) 技術職員

(3) 現業職員

2 病院事業管理者(以下「管理者」という。)は職種に応じて前項各号に規定する身分上の職に職員を任命するものとし、その職種の区分は次のとおりとする。

(1) 事務職員 事務職、保育士

(2) 技術職員 技術職、技術職(電気)、技術職(機械)、技術職(土木)、技術職(建築)、医師、歯科医師、薬剤師、管理栄養士、栄養士、診療放射線技師、臨床検査技師、臨床工学技士、理学療法士、作業療法士、歯科衛生士、歯科技工士、あん摩・マッサージ師、臨床心理士、精神保健福祉相談員、言語訓練指導員、運動指導員、視能訓練士、医療ソーシャルワーカー、保健師、助産師、看護師、准看護師及び専任教員

(3) 現業職員 運転手、ボイラー技師、電話交換手及び看護助手

(職位上の職名)

第5条 管理者は、職位上の職に職員を任用するものとし、その職名は次のとおりとする。

(1) 病院長

(2) 統括副院長

(3) 副院長

(4) 診療参与

(5) 医療安全局長

(6) 診療局長(内科系部門)

(7) 診療局長(外科系部門)

(8) 診療局長(がんセンター)

(9) 診療局長(災害・救急医療センター)

(10) 診療局長(認知症センター)

(11) 診療局長(中央部門)

(12) 診療局長(臨床・病理研究部門)

(13) 医療推進局長

(14) 部長

(15) センター長

(16) 副部長

(17) 副センター長

(18) 医長

(19) 医員

(20) 参与

(21) 参事

(22) 副参事

(23) 主幹

(24) 副主幹

(25) 主査

(26) 副主査

(27) 主任

(28) 主任主事

(29) 主任技師

(30) 主事

(31) 技師

(職位上の職の職務)

第6条 前条の職位上の職の職務は、その職の区分に応じて、次の表のそれぞれの職の右欄に掲げるとおりとする。

職務

病院長

病院の長の職務

統括副院長

病院運営上特に重要な特命事項を担当する職務

副院長

病院運営上重要な特命事項を担当する職務

診療参与

病院運営上の特命事項を担当する職務

医療安全局長

医療安全局の長の職務

診療局長(内科系部門)

診療局(内科系部門)の長の職務

診療局長(外科系部門)

診療局(外科系部門)の長の職務

診療局長(がんセンター)

診療局(がんセンター)の長の職務

診療局長(災害・救急医療センター)

診療局(災害・救急医療のセンター)の長の職務

診療局長(認知症センター)

診療局(認知症センター)の長の職務

診療局長(中央部門)

診療局(中央部門)の長の職務

診療局長(臨床・病理研究部門)

診療局(臨床・病理研究部門)の長の職務

医療推進局長

医療推進局の長の職務

部長

センター長

部又はセンターの長の職務

副部長

副センター長

知識経験を必要とする医務を担当する職務

医長

経験を必要とする医務を担当する職務

医員

一般的な医務を担当する職務

2 前項に規定するもののほか、岐阜市処務規則(平成15年岐阜市規則第6号)第5条の規定を準用する。

(分掌事務)

第7条 各局、部、センター、室及び課の分掌事務は、次のとおりとする。

医療安全局

医療安全推進部

(1) 医療安全に関すること。

感染対策部

(1) 院内感染の防止に関すること。

診療局(内科系部門)

各科診療部及びセンター

(1) その部及びセンターに属する診療その他医務に関すること。

診療局(外科系部門)

各科診療部及びセンター

(1) その部及びセンターに属する診療その他医務に関すること。

診療局(がんセンター)

各科診療部(がん診療支援部を除く。)

(1) その部に属する診療その他医務に関すること。

がん診療支援部

(1) がん相談に関すること。

(2) がん登録に関すること。

(3) がん診療に関する人材育成に関すること。

診療局(災害・救急医療センター)

各科診療部(災害医療部を除く。)

(1) その部に属する診療その他医務に関すること。

災害医療部

(1) 災害医療に関すること。

診療局(認知症センター)

認知症疾患医療センター

(1) 認知症疾患医療に関すること。

診療局 (中央部門)

各科診療部及びセンター(薬剤部、治験管理センター、研修センター、臨床工学室及び栄養管理室を除く。)

(1) その部及びセンターに属する診療その他医務に関すること。

薬剤部

(1) 薬剤の調合その他薬務に関すること。

治験管理センター

(1) 治験に関すること。

研修センター

(1) 研修医及びその他職員の研修に関すること。

臨床工学室

(1) 医療械器の調整、維持及び管理に関すること。

栄養管理室

(1) 栄養管理に関すること。

診療局(臨床・病理研究部門)

臨床研究支援センター

(1) 臨床研究に関すること。

病理診断研究センター

(1) 病理診断及びその研究に関すること。

看護局

看護部

(1) 看護業務及び診療補助に関すること。

医療推進局

医療情報部

(1) 医療制度、医療情報の収集及び分析に関すること。

(2) 病院の情報システムの維持管理及び開発に関すること。

(3) 医療統計に関すること。

(4) 医療情報管理に関すること。

診療情報管理室

(1) 診療情報管理に関すること。

医療クラーク室

(1) 医師の事務作業の補助に関すること。

地域連携部

(1) 地域医療機関との連携に関すること。

入退院支援センター

(1) 入退院患者の調整及び支援に関すること。

研修センター

初期臨床研修センター

(1) 初期臨床研修医の研修に関すること。

後期臨床研修センター

(1) 後期臨床研修医の研修に関すること。

事務局

病院政策課

(1) 病院の総括事務に関すること。

(2) 病院の調査、企画及び調整に関すること。

(3) 病院の事業計画及び事業評価に関すること。

(4) 条例及び規程に関すること。

(5) 市議会に関すること。

(6) 病院統計に関すること。

(7) 文書及び公印に関すること。

(8) 病院事業会計の予算及び財務に関すること。

(9) 病院事業会計の決算に関すること。

(10) 病院事業会計の出納事務に関すること。

(11) 物品の購入、契約に関すること。

(12) 財産及び車両の取得、管理及び処分に関すること。

(13) 病院内託児所に関すること。

(14) 病院の情報の公開及び個人情報の保護に関すること。

(15) 儀式及び褒章に関すること。

(16) 職員の服務及び福利厚生に関すること。

(17) 国際交流に関すること。

(18) 危機管理(防災を除く。)に関すること。

(19) 看護専門学校との調整に関すること。

(20) 病院の他室又は他課の所管に属さない事項に関すること。

病院施設課

(1) 土地及び建物の維持管理に関すること。

(2) 工事の設計及び施工、監督並びに検査に関すること。

(3) エネルギーセンターの運営に関すること。

(4) 器械備品等の点検整備に関すること。

(5) 防災及び警備に関すること。

(6) 施設内の環境衛生に関すること。

(7) 前各号に掲げるもののほか、施設管理に関すること。

経営企画課

(1) 病院経営の分析、統計及び調査に関すること。

(2) 経営戦略及び診療報酬加算戦略の企画立案及び実施に関すること。

(3) 経営改善の取組みに関すること。

(4) 診断群分類包括評価に係る診療情報の収集及び分析に関すること。

医事課

(1) 患者の診療受付及び入退院受付に関すること。

(2) 診療録等の保管に関すること。

(3) 入院及び外来患者の医療費等料金の算定請求及び収納に関すること。

(4) 医療の諸統計に関すること。

(5) 医療社会事業に関すること。

(6) 医療関係法令に基づく諸届、報告、許可、認可等の諸手続に関すること。

(7) 前各号に掲げるもののほか、医事に関すること。

(病院長等)

第8条 市民病院に病院長並びに統括副院長、副院長、診療参与、医療安全局長、診療局長(内科系部門)、診療局長(外科系部門)、診療局長(がんセンター)、診療局長(災害・救急医療センター)、診療局長(認知症センター)、診療局長(中央部門)、診療局長(臨床・病理研究部門)、看護局長、医療推進局長、事務局長及び事務局次長(以下「統括副院長等」という。)を置く。

2 病院長は、管理者の命を受け院務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

3 統括副院長等は、病院長を補佐し、病院長に事故があるとき又は病院長が欠けたときは、統括副院長、副院長の順位によりその職務を代理する。

4 第1項に規定するもののほか、必要に応じて次の表の左欄に掲げる特別の職を置き、その職務は同表の右欄に掲げるとおりとする。

職務

放射線技師長

上司の命を受け、診療放射線業務を掌理し、診療放射線技師を指揮監督する職務

検査技師長

上司の命を受け、臨床検査業務を掌理し、臨床検査技師を指揮監督する職務

副検査技師長

上司の命を受け、検査技師長を補佐し、臨床検査技師を指揮監督する職務

(部長、室長等)

第9条 第3条に規定する部(看護部を除く。以下この条において同じ。)に部長を、センターにセンター長を、室に室長を、ユニットにユニット長を、課に課長を、係に係長を置くものとする。

2 部長、センター長、室長、ユニット長及び課長は、それぞれ上司の命を受け、部、センター、室、ユニット又は課の事務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

3 係長は、上司の命を受け、係の事務を整理し、係の職員を指揮監督する。

4 第1項に規定するもののほか、必要に応じて次の表の左欄に掲げる特別の職を置き、その職務は同表の右欄に掲げるとおりとする。

職務

管理監

上司の命を受け、政策上特に専門的な知識を必要とする重要な課等の特命事務を掌理し、課等の職員を指揮監督する職務

主幹

上司の命を受け、課長等の職務を補佐し、課等の特命事務を整理し、課等の職員を指揮監督する職務

(看護局長等)

第10条 第3条に規定する看護局に看護局長、看護部長及び副看護部長を置くものとする。

2 看護局長、看護部長及び副看護部長は、それぞれ上司の命を受け、看護局の事務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

(副部長等)

第11条 部及びセンターに必要に応じて次の表の左欄に掲げる職を置き、その職務は、職の区分に応じてそれぞれ同表の右欄に掲げるとおりとする。

職務

副部長

副センター長

上司の命を受け、部長又はセンター長を補佐し、所属職員を指揮監督する。

医長

上司の命を受け、その担任事務を処理する。

(診療)

第12条 診療患者は、外来患者及び入院患者に分けるものとする。

(受付時間等)

第13条 外来患者の受付時間及び休診日は、次のとおりとする。ただし、急を要する患者については、この限りでない。

(1) 受付時間 午前8時から午後4時まで(ただし、予約外の受付は午前11時まで。)

(2) 休診日

 日曜日及び土曜日

 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

 12月29日から翌年1月3日までの日(に掲げる日を除く。)

 からまでに掲げるもののほか、管理者が臨時に定める日

(受付時間等の変更)

第14条 管理者が必要と認める場合は、前条の規定にかかわらず、臨時に受付時間を変更することができる。

(診療券)

第15条 診療を受けようとする者は、本人又は保護者が申し出て診療券の交付を受けなければならない。

(入院の手続)

第16条 入院しようとする者は、入院誓約及び保証書(以下「入院誓約書」という。)を病院長に提出しなければならない。

2 入院しようとする者は、身元引受人及び連帯保証人(以下「身元引受人等」という。)を立て、及び身元引受人等に入院誓約書に連署させなければならない。ただし、病院長が緊急その他やむを得ない事情があると認める場合は、この限りでない。

3 身元引受人等は、本市又は本市に隣接する市町村に住所を有し、独立の生計を営む成年者でなければならない。ただし、病院長が特別な理由があると認める場合は、この限りでない。

4 身元引受人等がその資格を欠き、又は病院長が不適当と認めたときは、当該身元引受人等を変更させることができる。

5 入院誓約書の様式は、別に定める。

(報告)

第17条 病院長は、その月の業務成績及び料金の徴収状況を翌月20日までに、管理者に報告しなければならない。

附 則

この規程は、平成31年4月1日から施行する。

岐阜市病院事業処務規程

平成31年4月1日 病院事業管理規程第2号

(平成31年4月1日施行)