○岐阜市病院事業職員の特殊勤務手当に関する規程

平成31年4月1日

病院事業管理規程第28号

(目的)

第1条 この規程は、岐阜市病院事業の企業職員の給与の種類及び基準に関する条例(平成31年岐阜市条例第39号。以下「給与条例」という。)第10条の規定に基づき、岐阜市病院事業に従事する企業職員(以下「職員」という。)の特殊勤務手当に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(特殊勤務手当の種類)

第2条 特殊勤務手当の種類は、次のとおりとする。

(1) 放射線取扱手当(第3条)

(2) 専任教員手当(第4条)

(3) 市民病院勤務手当(第5条)

(4) 災害地派遣手当(第6条)

(放射線取扱手当)

第3条 放射線取扱手当は、放射線取扱いに従事する職員が当該作業に従事したときに支給する。

2 前項の手当の額は、作業に従事した日1日につき、330円とする。

(専任教員手当)

第4条 専任教員手当は、看護専門学校に勤務する専任教員が病院等における看護実習に従事したときに支給する。

2 前項の手当の額は、業務に従事した日1日につき、290円とする。

(市民病院勤務手当)

第5条 市民病院勤務手当の種類は、病院勤務手当、緊急手術手当、医師手当、夜間看護手当及び分娩手当とする。

2 病院勤務手当は、市民病院(以下「病院」という。)に勤務する職員のうち、岐阜市病院事業の企業職員の給与の種類及び基準に関する条例施行規程(平成31年岐阜市病院事業管理規程第27号。以下「条例施行規程」という。)第2条第1項第3号から第5号までの給料表の適用を受ける職員又は病院事業管理者(以下「管理者」という。)がこれに準ずると認める職員が直接医療行為に従事したときに支給する。

3 前項の手当の額は、業務に従事した日1日につき、290円とする。

4 緊急手術手当は、第2項に規定する職員が正規の勤務時間以外に緊急手術のために当番を命ぜられたときに支給する。

5 前項の手当の額は、当番1回につき、1,000円とする。

6 医師手当は、病院に勤務する医師に支給する。

7 前項の手当の支給総額は、毎月必要経費控除後の診療利益の100分の4以内とする。

8 夜間看護手当は、病院に勤務する助産師、看護師若しくは准看護師又は管理者がこれらに準ずると認める職員が正規の勤務時間による勤務の一部又は全部が深夜において行われる看護等の業務に従事したときに支給する。

9 前項の手当の額は、その勤務1回につき、次の各号に掲げる区分に応じ、当該各号に定める額とする。

(1) その勤務時間が深夜の全部を含む勤務である場合 7,300円

(2) その勤務時間が深夜の一部を含む勤務である場合

 深夜における勤務時間が4時間以上である場合 3,550円

 深夜における勤務時間が2時間以上4時間未満である場合 3,100円

 深夜における勤務時間が2時間未満である場合 2,150円

10 分娩手当は、病院に勤務する医師が分娩に係る業務に従事したときに支給する。

11 前項の手当の額は、分娩1件につき、10,000円とする。

(災害地派遣手当)

第6条 災害地派遣手当は、異常な自然現象又は大規模な事故により重大な災害が発生し、又は発生するおそれがある場合に、本市の区域以外の地域において、災害応急対策、災害復旧等の支援業務に従事した職員に支給する。この場合において、支給対象となる地域及び期間は、管理者がその都度定める。

2 前項の手当の額は、業務に従事した日1日につき、1,000円(業務に従事した時間が4時間未満の場合は、600円)とする。

3 当該業務が夜間において行われた場合にあっては、前項に規定する額にその100分の50に相当する額を加算した額とする。

(作業等日数の計算方法)

第7条 作業等日数は、歴日によって計算する。

(勤務1時間当たりの給与額の算出において除かれる特殊勤務手当)

第8条 条例施行規程第4条に規定する規程で定める特殊勤務手当は、次のとおりとする。

(1) 市民病院勤務手当(緊急手術手当、医師手当及び夜間看護手当に限る。)

(2) 災害地派遣手当

(その他)

第9条 この規程に定めるもののほか、必要な事項は、管理者が別に定める。

附 則

この規程は、平成31年4月1日から施行する。

岐阜市病院事業職員の特殊勤務手当に関する規程

平成31年4月1日 病院事業管理規程第28号

(平成31年4月1日施行)