○石川県化製場等に関する法律施行条例施行規則

昭和五十九年九月二十八日

規則第五十八号

石川県へい獣処理場等に関する法律施行条例施行規則をここに公布する。

石川県化製場等に関する法律施行条例施行規則

(平二規則三一・改称)

(趣旨)

第一条 この規則は、石川県化製場等に関する法律施行条例(昭和五十九年石川県条例第三十六号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(平二規則三一・一部改正)

(化製場又は死亡獣畜取扱場の設置の許可の申請)

第二条 条例第二条に規定する許可の申請は、別記様式第一号の申請書によらなければならない。

2 前項の申請書には、次の書類を添付しなければならない。

 申請者が法人である場合は、登記事項証明書

 付近の見取図(半径五百メートルのもの)

 平面図

 構造設備を明らかにした図面

(平二規則三一・平一七規則一二・一部改正)

(死亡獣畜取扱場外における処理の許可の申請)

第三条 死亡獣畜取扱場以外の施設又は区域で死亡獣畜の処理を行おうとする者は、別記様式第二号の申請書により知事に申請しなければならない。

(平二規則三一・一部改正)

(死亡獣畜処理届)

第四条 死亡獣畜取扱場の設置者は、死亡獣畜を処理しようとするときは、あらかじめ別記様式第三号の届出書に当該死亡獣畜に関する獣医師の診断書、検案書その他死亡の原因について説明となるものを添えて知事に届け出なければならない。

(平二規則三一・一部改正)

(標札及び標ぐい)

第五条 条例第六条第三号イ(1)(1)及び(1)の規則で定める標札は、別記様式第四号によるものとする。

2 条例第六条第三号ハ(1)の規則で定める標ぐいは、別記様式第五号によるものとする。

(平一四規則四八・全改)

(帳簿)

第六条 死亡獣畜取扱場の設置者は、別記様式第六号の帳簿を備え、取り扱つた死亡獣畜についてその都度記載しておかなければならない。

(平二規則三一・一部改正)

(変更の届出)

第七条 条例第三条に規定する変更の届出は、別記様式第七号の届出書によらなければならない。この場合において、変更の内容が施設の構造設備に係るものであるときは、当該構造設備を明らかにした図面を添付しなければならない。

(経営の停止又は廃止の届出)

第八条 化製場又は死亡獣畜取扱場の設置者は、化製場又は死亡獣畜取扱場の経営を停止し、又は廃止したときは、別記様式第八号の届出書により速やかに知事に届け出なければならない。

(平二規則三一・一部改正)

(公衆衛生上害を生ずるおそれのある場所)

第九条 条例第五条に規定する規則で定める場所は、次のとおりとする。ただし、知事が公衆衛生上支障がないと認めた場合は、この限りでない。

 低湿であつて排水が不十分である場所

 次に掲げる施設の敷地の周囲五百メートル以内の場所

 学校、病院等の公共建造物又は多数人を収容するための建造物

 社寺、公園等多数人の集合を目的とする施設

 交通の頻繁な道路、軌道等

 河川法(昭和三十九年法律第百六十七号)に規定する一級河川及び二級河川

(準用)

第十条 第二条及び第七条から第九条までの規定は、法第八条に規定する施設について準用する。この場合において、第二条第一項中「条例第二条」とあるのは「条例第七条において準用する条例第二条」と、「別記様式第一号」とあるのは「別記様式第九号」と、第七条中「条例第三条」とあるのは「条例第七条において準用する条例第三条」と、「別記様式第七号」とあるのは「別記様式第十号」と、第八条中「化製場又は死亡獣畜取扱場の設置者」とあるのは「法第八条に規定する施設の設置者」と、「化製場又は死亡獣畜取扱場」とあるのは「法第八条に規定する施設」と、「別記様式第八号」とあるのは「別記様式第十一号」と、第九条中「条例第五条」とあるのは「条例第七条において準用する条例第五条」と読み替えるものとする。

(平二規則三一・平一四規則四八・一部改正)

(動物の飼養又は収容の許可の申請)

第十一条 条例第八条に規定する許可の申請は、別記様式第十二号の申請書によらなければならない。この場合においては、第二条第二項の規定を準用する。

(平一四規則四八・一部改正)

(畜舎等について講ずべき措置)

第十二条 動物の飼養又は収容の許可を受け、畜舎又は家きん舎を設置する者(以下「畜舎等の設置者」という。)は、次の衛生上必要な措置を遵守しなければならない。

 出入口の見やすい場所に別記様式第十三号の標札を掲げること。

 鶏糞等は、汚物だめに貯蔵し、臭気が発散しないよう密閉すること。ただし、急速に乾燥できる設備による場合はこの限りでない。

 たい肥は、汚物だめで作ること。

(動物の飼養又は収容の施設の変更の届出)

第十三条 畜舎等の設置者は、動物の飼養又は収容の施設を変更したときは、別記様式第十四号の届出書により速やかに知事に届け出なければならない。この場合においては、第七条後段の規定を準用する。

(平二規則三一・一部改正)

(動物の飼養又は収容の停止又は廃止の届出)

第十四条 畜舎等の設置者は、動物の飼養又は収容を停止し、又は廃止したときは、別記様式第十五号の届出書により速やかに知事に届け出なければならない。

(平二規則三一・一部改正)

(動物の飼養又は収容の届出)

第十五条 条例第十二条第一項に規定する届出は、別記様式第十六号の届出書によらなければならない。

2 第十二条から前条までの規定は、前項の届出をした者について準用する。

(平一四規則四八・一部改正)

(書類の経由)

第十六条 条例及びこの規則により知事に提出する書類は、施設の所在地を管轄する保健所長を経由しなければならない。

附 則

1 この規則は、昭和五十九年十月一日から施行する。

2 へい獣処理場等に関する法律施行細則(昭和二十三年石川県規則第九十七号)は、廃止する。

附 則(平成二年四月二十七日規則第三十一号)

1 この規則は、平成二年五月一日から施行する。

2 石川県証紙条例施行規則(昭和三十九年石川県規則第三十二号)の一部を次のように改正する。

(次のよう省略)

附 則(平成十一年三月三十一日規則第三十五号)

1 この規則は、公布の日から施行する。

2 この規則による改正前のそれぞれの規則の規定に基づき作成した用紙は、なお当分の間、所要の調整をして使用することができる。

附 則(平成十四年十二月二十日規則第四十八号)

この規則は、平成十五年一月一日から施行する。

附 則(平成十七年三月三十一日規則第十二号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(令和三年三月三十一日規則第十七号抄)

(施行期日)

1 この規則は、令和三年四月一日から施行する。

(経過措置)

3 改正前のそれぞれの規則の規定に基づいて作成した用紙は、なお当分の間、所要の調整をして使用することができる。

(平2規則31・全改、平14規則48・令3規則17・一部改正)

画像

(平2規則31・平14規則48・令3規則17・一部改正)

画像

(平2規則31・一部改正)

画像

画像

(平2規則31・一部改正)

画像

(平2規則31・一部改正)

画像

(平2規則31・平11規則35・一部改正)

画像

(平2規則31・平14規則48・令3規則17・一部改正)

画像

(平2規則31・平14規則48・令3規則17・一部改正)

画像

(平2規則31・平11規則35・一部改正)

画像

(平2規則31・平14規則48・令3規則17・一部改正)

画像

(平2規則31・平14規則48・令3規則17・一部改正)

画像

画像

(平2規則31・平11規則35・一部改正)

画像

(平2規則31・平14規則48・令3規則17・一部改正)

画像

(平2規則31・平14規則48・令3規則17・一部改正)

画像

石川県化製場等に関する法律施行条例施行規則

昭和59年9月28日 規則第58号

(令和3年4月1日施行)

体系情報
第3編の2 生/第5章 環境衛生/第3節 その他の環境衛生
沿革情報
昭和59年9月28日 規則第58号
平成2年4月27日 規則第31号
平成11年3月31日 規則第35号
平成14年12月20日 規則第48号
平成17年3月31日 規則第12号
令和3年3月31日 規則第17号