○石川県青少年総合研修センター条例施行規則

平成十四年三月二十九日

規則第十一号

石川県青少年総合研修センター条例施行規則をここに公布する。

石川県青少年総合研修センター条例施行規則

(指定管理者の指定の申請)

第一条の二 条例第四条の規定による申請は、別記様式第一号による申請書を提出してしなければならない。

2 条例第四条の知事が別に定める書類は、次に掲げる書類とする。

 定款、寄附行為又はこれらに準ずる書類

 申請者が法人である場合にあっては、登記事項証明書又はこれに準ずる書類

 知事が指定する事業年度分の貸借対照表、損益計算書その他財務に関する書類

 組織、事業内容その他申請者の概要を記載した書類

 前各号に掲げるもののほか、知事が必要と認める書類

(平一七規則四八・追加)

(開館時間及び休館日)

第二条 石川県青少年総合研修センター(宿泊室及び多目的室(宿泊に使用する場合に限る。第五条第一項第一号から第三号までにおいて同じ。)を除く。)の開館時間は、午前九時から午後十時までとする。

2 石川県青少年総合研修センター(以下本則において「センター」という。)の休館日は、一月一日から同月三日まで及び十二月二十九日から同月三十一日までとする。

3 前二項の規定にかかわらず、知事が特に必要があると認めるときは、指定管理者との協議により、臨時に開館時間を変更し、又は休館し、若しくは開館することができる。

(平一七規則三〇・平一七規則四八・一部改正)

(使用の承認の申請)

第三条 条例第八条第一項の承認(以下「使用承認」という。)を受けようとする者は、別記様式第二号による申請書を知事に提出しなければならない。

2 前項の申請書の受付は、使用を開始しようとする日の一年(センターの設置の目的以外の目的に使用するものにあっては、六月)前から行うものとする。ただし、知事が特に必要があると認めるときは、この限りでない。

3 知事は、センターの使用を承認したときは、承認書を申請者に交付するものとする。

(平一七規則四八・平一八規則三八・一部改正)

(使用承認事項の変更)

第四条 使用承認を受けた者(以下「使用者」という。)は、知事に対し、当該使用承認に係る事項の変更を申請することができる。

2 前項の規定による申請は、別記様式第三号による申請書に前条第三項の承認書を添えてしなければならない。

3 知事は、センターの使用承認に係る事項の変更を承認したときは、変更承認書を申請者に交付するものとする。

(平一七規則四八・平一八規則三八・一部改正)

(使用料の減免)

第五条 条例第十条の規定により、次の各号に掲げる場合(条例別表備考三に該当する場合及び別表に掲げるコピー機を使用する場合を除く。)には、それぞれ当該各号に定める割合の使用料を減免する。

 青少年関係団体が、青少年の健全育成に資する事業を行うために施設(宿泊室及び多目的室を除く。)を使用する場合 十割

 各種団体(青少年関係団体を除く。)が県若しくは市町と共催し、又は県の後援を受けて青少年の健全育成に資する事業を行うために施設(宿泊室及び多目的室を除く。)を使用する場合 十割

 第一号又は前号の規定により使用料の減免を受けた者が行う当該事業に参加する者が宿泊室及び多目的室を使用する場合 五割

 その他特別の事由により必要と認めた場合 五割以内

2 前項の規定により使用料の減免を受けようとする者は、別記様式第四号による申請書を知事に提出しなければならない。

3 知事は、使用料の減免を決定したときは、使用料減免承認書により使用者に通知するものとする。

(平一七規則三〇・平一七規則四八・平一八規則三八・一部改正)

(使用料の返還の申請)

第六条 条例第十一条ただし書の規定により使用料の返還を受けようとする者は、別記様式第五号による申請書を知事に提出しなければならない。

(平一七規則四八・平一八規則三八・一部改正)

(使用料の区分及び金額)

第七条 条例別表十八の項に規定する知事が定める額は、別表のとおりとする。

(平一七規則四八・一部改正)

(入館の制限)

第八条 指定管理者は、次のいずれかに該当する者に対しては、センターへの入館を拒否し、又はセンターからの退去を命ずることができる。

 知事の承認を受けないで、金品を募集し、又は物品を販売する者

 他人に迷惑を及ぼし、又は嫌悪の情を抱かせる行為をするおそれがある者

 センターの施設、設備若しくは備品を損傷し、又は他人に危害を加えるおそれがある物品又は動物を携帯する者

 前三号に掲げる者のほか、センターの管理上支障があると認められる行為をするおそれがある者

(平一七規則四八・平一八規則三八・一部改正)

(使用者の遵守事項)

第九条 使用者は、次に掲げる事項を守らなければならない。

 前条各号に掲げる者を入館させないこと。

 火災及び盗難の防止等に留意し、使用承認を受けた施設における秩序を維持すること。

 使用承認を受けていない施設を使用しないこと。

 指定管理者の承認を受けないで、火気を使用しないこと。

 収容定員を超えて入室させないこと。

 その他指定管理者が指示する事項

(平一八規則三八・一部改正)

(使用終了の届出等)

第十条 使用者は、センターの使用を終了したときは、直ちに原状に回復し、指定管理者に届け出て点検を受けなければならない。

(平一八規則三八・一部改正)

(雑則)

第十一条 この規則に定めるもののほか、センターの管理運営について必要な事項は、別に定める。

附 則

この規則は、平成十四年四月一日から施行する。

附 則(平成十七年三月三十一日規則第三十号)

この規則は、平成十七年四月一日から施行する。

附 則(平成十七年九月五日規則第四十八号抄)

(施行期日)

1 この規則は、平成十八年四月一日から施行する。ただし、次項の規定は、公布の日から施行する。

(準備行為)

2 この規則による改正後の石川県立音楽堂条例施行規則、石川県女性センター条例施行規則、石川県リハビリテーションセンター条例施行規則、石川県母子福祉センター条例施行規則、石川県青少年総合研修センター条例施行規則、石川県自然公園施設条例施行規則、のと海洋ふれあいセンター条例施行規則、石川県健民自然園条例施行規則、石川ハイテク交流センター条例施行規則、石川県産業展示館条例施行規則、石川県保健休養林施設条例施行規則、石川県海の自然生態館条例施行規則、石川県立山中漆器産業技術センター条例施行規則、石川県ふれあい昆虫館条例施行規則、いしかわ動物園条例施行規則、石川県国際交流センター条例施行規則、石川県湖南運動公園条例施行規則、石川県のとじま臨海公園海づりセンター設置条例施行規則、石川県港湾施設管理条例施行規則、石川県都市公園条例施行規則及び石川県県営住宅条例施行規則(附則第四項の規定による改正後の石川県特別県営住宅条例施行規則(昭和四十二年石川県規則第五十四号)第四条の規定により準用する場合を含む。)(次項において「改正後の各規則」という。)の規定による指定管理者(地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号)第二百四十四条の二第三項に規定する指定管理者をいう。)の指定及びこれに係る手続その他この規則を施行するために必要な準備行為は、この規則の施行の日(次項において「施行日」という。)前においても行うことができる。

(経過措置)

3 施行日前において、この規則による改正前の石川県立音楽堂条例施行規則、石川県女性センター条例施行規則、石川県リハビリテーションセンター条例施行規則、石川県母子福祉センター条例施行規則、石川県青少年総合研修センター条例施行規則、石川県自然公園施設条例施行規則、のと海洋ふれあいセンター条例施行規則、石川県健民自然園条例施行規則、石川ハイテク交流センター条例施行規則、石川県産業展示館条例施行規則、石川県保健休養林施設条例施行規則、石川県海の自然生態館条例施行規則、石川県立山中漆器産業技術センター条例施行規則、石川県ふれあい昆虫館条例施行規則、いしかわ動物園条例施行規則、石川県国際交流センター条例施行規則、石川県湖南運動公園条例施行規則、石川県のとじま臨海公園海づりセンター設置条例施行規則、石川県港湾施設管理条例施行規則、石川県都市公園条例施行規則及び石川県県営住宅条例施行規則(次項の規定による改正前の石川県特別県営住宅条例施行規則第四条の規定により準用する場合を含む。)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、改正後の各規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成十八年四月十日規則第三十八号)

この規則は、平成十八年四月十一日から施行する。

附 則(平成二十六年二月二十六日規則第二号)

この規則は、平成二十六年四月一日から施行する。

別表(第七条関係)

(平一七規則三〇・平二六規則二・一部改正)

使用料の額

区分

単位

金額

音響設備

一回一式につき

一、〇二〇円

カセットデッキ

一回一台につき

一、〇二〇円

液晶プロジェクター

一回一台につき

五、一四〇円

書画カメラ

一回一台につき

二、〇五〇円

パソコン

一回一台につき

二、〇五〇円

OHP

一回一台につき

一、〇二〇円

テレビ

一回一台につき

一、〇二〇円

ビデオプレーヤー

一回一台につき

一、〇二〇円

DVDプレーヤー

一回一台につき

一、五四〇円

MDプレーヤー

一回一台につき

五一〇円

スクリーン

一回一台につき

三〇〇円

同時通訳機器

一回一式につき

二〇、五七〇円

コピー機

一枚につき

一〇円

備考

一 「一回」とは、午前、午後又は夜間の使用をいう。

二 使用時間が午前、午後又は夜間の時間に満たない場合の使用料の額は、当該午前、午後又は夜間の使用料の額とする。

(平17規則48・追加)

画像

(平17規則30・一部改正、平17規則48・旧別記様式第1号繰下、平18規則38・一部改正)

画像

(平17規則48・旧別記様式第2号繰下、平18規則38・一部改正)

画像

(平17規則30・一部改正、平17規則48・旧別記様式第3号繰下、平18規則38・一部改正)

画像

(平17規則48・旧別記様式第4号繰下、平18規則38・一部改正)

画像

石川県青少年総合研修センター条例施行規則

平成14年3月29日 規則第11号

(平成26年4月1日施行)