○臨江閣の設置及び管理に関する条例施行規則

平成29年5月31日

教育委員会規則第4号

(趣旨)

第1条 この規則は、臨江閣の設置及び管理に関する条例(平成29年前橋市条例第19号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(利用時間)

第2条 臨江閣の利用時間は、条例第4条第1項の規定により臨江閣の利用の許可(以下「利用許可」という。)を受けた時間内とし、準備、後片付け等に要する時間を含むものとする。

(休館日)

第3条 臨江閣の休館日は、次のとおりとする。ただし、教育長が特に必要があると認めるときは、これを変更し、又は臨時に休館日を設けることができる。

(1) 月曜日(この日が国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日に当たるときは、この日後において、この日に最も近い休日でない日)

(2) 12月29日から翌年の1月3日までの日(前号に掲げる日を除く。)

(利用許可の申請)

第4条 利用許可を受けようとする者は、臨江閣利用許可申請書を教育長に提出しなければならない。

2 前項の臨江閣利用許可申請書の受付は、利用の日の属する月の12か月前の月の初日(その日が前橋市の休日を定める条例(平成元年前橋市条例第14号)第1条第1項に規定する市の休日(以下「市の休日」という。)に当たるときは、市の休日の翌日)から利用の日の2週間前までに行うものとし、市の休日を除く午前9時から午後5時までとする。

(利用許可の手続)

第5条 教育長は、前条の規定による申請を適当と認めるときは、当該臨江閣利用許可申請書の写しに許可印を押印し、当該申請者に対し、交付するものとする。

2 利用許可を受けた者は、臨江閣の利用に際しては、前項の臨江閣利用許可申請書及び使用料に係る領収書を携帯し、係員の要求があったときは、直ちに提示しなければならない。

(利用の変更及び取消し)

第6条 利用許可を受けた者は、当該利用許可を受けた事項を変更し、又は利用の取消しをしようとするときは、臨江閣利用変更・取消許可申請書を教育長に提出しなければならない。

2 教育長は、前項の規定による申請を適当と認めるときは、当該臨江閣利用変更・取消許可申請書の写しに許可印を押印し、当該申請者に対し、交付するものとする。

(使用料の還付)

第7条 条例第8条ただし書きの規定により使用料の還付を受けようとする者は、臨江閣使用料還付申請書を教育長に提出しなければならない。

2 使用料の還付の額は、次に定めるとおりとする。

(1) 条例第8条第1号に該当する場合 当該使用料の全額

(2) 条例第8条第2号に該当する場合 当該使用料の半額

(使用料の減免)

第8条 条例第9条の規定により使用料の減免を受けようとする者は、利用許可の申請の際、臨江閣使用料減免申請書を添えて教育長に提出しなければならない。

(遵守事項)

第9条 利用許可を受けた者及び入館者は、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 許可を受けないで臨江閣及びその敷地内で物品の販売、宣伝、寄附の募集その他これらに類する行為をしないこと。

(2) 他人に危害を及ぼし、又は他人に迷惑となる行為をしないこと。

(3) 施設又は設備を破損し、損傷し、又は滅失するおそれのある行為をしないこと。

(4) 施設、設備、器具等の利用については、係員の指示を受けること。

(5) 火災その他の災害の防止に万全を期すること。

(6) 危険物その他他人に迷惑となるものを持ち込まないこと。

(7) 指定した場所以外において、飲食又は喫煙をしないこと。

(8) その他管理上必要な指示に反する行為をしないこと。

(書類の様式)

第10条 次に掲げる書類の様式は、別に定める。

(1) 臨江閣利用許可申請書

(2) 臨江閣利用変更・取消許可申請書

(3) 臨江閣使用料還付申請書

(4) 臨江閣使用料減免申請書

(その他)

第11条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、教育長が別に定める。

附 則

1 この規則は、平成29年9月1日から施行する。

2 第4条第1項の規定により臨江閣利用許可申請書を提出しようとする者は、施行日前においても、同条の規定の例により、その提出をすることができる。

臨江閣の設置及び管理に関する条例施行規則

平成29年5月31日 教育委員会規則第4号

(平成29年9月1日施行)