○羅臼町医療技術者等修学資金条例施行規則

平成29年1月19日

規則第1号

羅臼町医療技術者等修学資金条例施行規則

(目的)

第1条 この規則は、羅臼町医療技術者等修学資金条例(昭和48年3月18日条例第8号。以下「条例」という。)の施行について必要な事項を定めることを目的とする。

(支給の申請)

第2条 修学資金の貸付けを受けようとする者は、別記第1号様式を提出しなければならない。

(支給の決定及び通知)

第3条 条例第6条の規定による適否の通知については、別記第2号様式により申請者に通知するものとする。

2 前項の規定により、支給の決定を受けた者(以下「借受者」という。)は、通知を受けた日から10日以内に保護者(親権者又は後見人)並びに保証人と連署のうえ、別記第3号様式、戸籍謄本、在学証明書を提出しなければならない。

(修学資金の支給)

第4条 条例第2条第1項第6号に規定する者は看護師に限る。

2 修学資金は、月割りとし毎月支給する。

3 町長が必要と認めるときは、前項の規定に関わらず支給することができる。

(支給の取消通知)

第5条 条例第6条第2項の規定により、修学資金の支給を取消したときは、別記第4号様式により借受者に通知するものとする。

(届け出)

第6条 借受者又は保証人は、修学資金の償還を終わるまでの間に、次の各号のいずれかに該当するに至ったときは、直ちに別記第5号様式によりその旨を届け出なければならない。

(1) 借受者又は保証人の住所又は氏名に変更が生じたとき。

(2) 借受者が条例第1条に規定する医療技術者等として従事しなくなったとき。

(3) 保証人が死亡又は破産若しくは失踪その他の事情により、その適性を失ったとき。

(在職期間の計算)

第7条 在職期間の計算については、借受者が勤務した日の属する月から、退職した日の属する月までの月数により計算するものとする。

(修学資金の返還額及び返還据置)

第8条 条例第7条の規定による修学資金の返還額は、修学資金の総額を60月で除した額に、60月から当該借受者が業務に従事した月数を差し引いた月数を乗じて得た額とする。ただし、町長が特別な事由により認めた場合は返還を据え置くことができる。

2 前項の申請は、別記第6号様式の申請書にその事実を証する書面を添えて提出しなければならない。

3 前項の申請に基づきその内容を審査し、返還据置き可否について、別記第7号様式の通知書により通知するものとする。

(返還金の納付)

第9条 条例第7条の規定による修学資金の返還は、町長の発する納額告知書により、指定期日までに納付しなければならない。

(返還金の減免等の申請)

第10条 条例第7条の規定により返還金の減免若しくは返還方法の変更を受けようとする者は、別記第8号様式の申請書にその事実を証する書面を添えて申請しなければならない。

2 前項の申請に基づきその内容を審査し、減免又は償還方法変更の可否について、別記第9号様式の通知書により通知するものとする。

第11条 この規則の施行に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行し、平成28年4月1日から適用する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際、現に修学資金を貸し付けられている者の取扱いについては、なお従前の例による。

附 則(令和2年12月16日規則第17号)

この規則は、令和3年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

羅臼町医療技術者等修学資金条例施行規則

平成29年1月19日 規則第1号

(令和3年4月1日施行)