○羅臼町水産系廃棄物堆肥化処理施設設置条例施行規則

平成15年2月4日

規則第1号

羅臼町水産系廃棄物堆肥化処理施設設置条例施行規則

(目的)

第1条 この規則は、羅臼町水産系廃棄物堆肥化処理施設設置条例(平成15年条例第1号。以下「条例」という。)第7条の規定に基づき必要な事項を定めるものとする。

(管理責任者)

第2条 この施設の管理責任者は、羅臼町長とする。

2 施設の管理運営に関する業務を行うため、管理職員を置くものとし当該管理職員は、町長が任命する。

(休業日)

第3条 水産系廃棄物堆肥化処理施設の休業日は、次のとおりとする。

(1) 日曜日、祝日

(2) 12月31日及び1月1日から1月5日まで

(3) 町長が特別に認めた場合

(時間)

第4条 水産系廃棄物堆肥化処理施設は午前8時から始業し、午後5時に終業する。

(利用の範囲)

第5条 この施設を利用できる者は次のとおりとする。

(1) 羅臼町内の水産加工業者及び漁業者

(2) 町長が特に必要と認めたときは、他のものに利用させることができる。

(利用方法)

第6条 この施設を利用しようとする者は、別に定める利用申込書を提出しなければならない。

(利用料)

第7条 この施設を利用する者は、次の利用料を納めなければならない。

(1) 水産系廃棄物を搬入するものは町長が指定する利用料を支払うものとする。

(2) 町長が特に処理が必要と認めたものの利用料は町長が別に定める。

(委託)

第8条 条例第5条の規定による業務の委託は、別記様式により契約を締結するものとする。

(施設保全)

第9条 利用者の故意または重大な過失により、この施設の建物設備等を破損させ損害を与えた場合、利用者は当該損害額を支払わなければならない。

2 前項の損害額は損害の程度に応じて、町長がこれを定める。

(遵守義務)

第10条 施設利用者は、関係法令、町条例及び本規則を遵守しなければならない。

2 前項に違反した場合、町長は当該利用者に対し利用を停止させることができる。

(その他)

第11条 この規則に定めない事項については、施設利用者団体等の協議を経て町長が定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行し、平成15年2月1日から適用する。

画像

画像画像画像

羅臼町水産系廃棄物堆肥化処理施設設置条例施行規則

平成15年2月4日 規則第1号

(平成15年2月4日施行)