○羅臼町の設置する学校施設の利用に関する規則

平成7年3月29日

教育委員会規則第4号

羅臼町の設置する学校施設の利用に関する規則

羅臼町学校施設の開放に関する規則(昭和51年教育委員会規則第1号)の全部を改正する。

(目的)

第1条 この規則は、羅臼町の設置する学校施設の利用に関する条例(昭和26年条例第40号)に基づき、実施上必要な事項を定めることを目的とする。

(管理責任)

第2条 学校施設の開放を行う学校(以下「開放学校」という。)の管理責任は、羅臼町教育委員会(以下「教育委員会」という。)が負うものとする。

2 開放学校の校長は、学校開放に伴う一切の責任を負わないものとする。

(管理方法)

第3条 管理方法は、自主管理運営によるものとする。

2 各学校の管理方法は、別表のとおりとする。

(自主管理運営方式による管理)

第4条 学校開放の円滑な運営・管理のため、開放学校に学校開放運営委員会(以下「運営委員会」という。)を置くものとする。

2 運営委員会は、次の委員をもって構成する。

(1) 当該学校長及び教職員

(2) 教育委員会の職員

(3) 利用団体の代表者

(4) その他、運営に関して必要と認める者

3 運営委員会は、開放学校の利用調整並びに開放事務局との連絡調整に当たるものとする。

(利用上の条件)

第5条 使用を希望する団体は、次の各号に掲げる事項とする。

(1) 学習者が5人以上のグループ・サークルであること。

(2) 開放の可能な活動内容であり、責任者が明らかであること。

(3) 児童・生徒が使用する場合、監督責任者として成人が含まれていること。

(利用の登録)

第6条 学校開放を利用する場合は、原則として教育委員会に登録しなければならない。

(1) 定期的に利用を希望する場合は、別記様式により登録しなければならない。

(2) 登録受付は、年間とおして受け付ける(原則として使用の1か月前)

(利用上の留意事項)

第7条 学校開放を利用する団体は、次に定める事項に留意すること。

(1) 団体の責任者は、活動終了後に所定の日誌に必要事項を記入し、施設を点検すること。

(2) 利用時間を厳守すること。

(3) 利用する施設以外の場所に立ち入らないこと。

(4) 利用後は、使用器具の整理整頓、清掃をして、翌日の学校教育に支障のないように留意すること。

(5) 許可なく、学校の教材、備品等を使用しないこと。

(6) 利用を取り消すときは、前日までに連絡すること。

(7) 喫煙は、決められた場所以外厳禁とし、所定の場所に捨てて帰ること。

(8) グランドへの車両の乗り入れは、特別な事由によるもの以外は厳禁とする。

(9) スポーツを行う団体は、必ずスポーツ傷害保険に加入すること。

(10) 消耗品的なスポーツ用品は、利用者が準備をすること。

(11) 火災の予防、事故、破損等の防止に努めること。

(事故の責任)

第8条 利用者の活動中の事故の責任は、学校施設等の管理上の欠陥がある場合を除き、原則として利用者が負うものとする。

(利用に関わる経費の減免)

第9条 教育委員会が公益上、必要と認めたときは学校開放にかかわる経費を減免することができる。

(1) 教育委員会が認めた社会教育関係団体が研修又はこれに準ずる事業で使用するとき。

(2) その他、教育長が必要と認めたもの

(その他)

第10条 この規則の実施に関し、必要な事項は、教育長が定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行し、平成7年4月1日から適用する。

附 則(平成20年3月26日教委規則第3号)

(施行期日)

この規則は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成22年3月11日教委規則第6号)

(施行期日)

この規則は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成30年3月20日教委規則第1号)

この規則は、平成30年4月1日から施行する。

別表(第3条関係)

学校名

管理方法

開放可能施設

開放時間

羅臼小学校

自主管理運営方式

多目的ホール・家庭科室・和室・陶芸室・図工室・音楽室・コンピューター室・理科室・図書室・屋内体育館・屋外グランド

学校授業に支障のない範囲

春松小学校

管理指導員配置方式

屋内体育館・屋外グランド

学校授業に支障のない範囲

知床未来中学校

自主管理運営方式

屋内体育館・屋外グランド゛・テニスコート・武道場

学校授業に支障のない範囲

画像

羅臼町の設置する学校施設の利用に関する規則

平成7年3月29日 教育委員会規則第4号

(平成30年4月1日施行)