○内灘町児童用自転車ヘルメット購入費助成金交付要綱

平成二十一年六月二十三日

告示第六十号

(目的)

第一条 この要綱は、内灘町における交通安全事業の一環として、自転車に乗車する児童にヘルメットの着用を促進するために児童の保護者が購入したヘルメットの費用の一部又は、各小学校のPTAの代表者が当該児童分のヘルメットを取りまとめて購入する費用の一部を助成することにより、自転車乗車時のヘルメット着用の普及、交通安全意識の高揚、子供の健やかな成長を助長するなど、交通安全の増進を図ることを目的とする。

(定義)

第二条 この要綱において次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

 児童 内灘町に住所を有する小学校四学年から六学年(当該年度四月二日現在)の児童

 ヘルメット SGマーク(財団法人製品安全協会が経済産業大臣の了承を得て、定められた認定基準に適合している製品にのみ表示されるマーク)又はJISマーク(日本工業規格)が付いた自転車用ヘルメット

(助成の対象)

第三条 助成金の交付を受けることのできる者(以下「申請者」という。)は次に掲げる各号のいずれかに該当するものとする。ただし、すでにこの要綱の助成を受けた児童は除くものとする。

 内灘町に住所を有し、児童用ヘルメットを購入した児童の保護者

 内灘町に住所を有し、児童用ヘルメットを購入した児童の保護者の申請を取りまとめて申請する各小学校のPTAの代表者

(助成金の額)

第四条 助成金の額は、前条に掲げるヘルメット一個につき千円とし、購入金額(消費税及び地方消費税含む。)が千円未満の場合はその購入金額とする。

(助成金の交付申請及び交付)

第五条 申請者は、児童用自転車ヘルメット購入費助成金交付申請書兼請求書(様式第一号)に次に掲げる書類を添え、町長へ提出するものとする。

 ヘルメットの領収書又は購入を確認できる書類

 SGマーク又はJISマークが確認できるヘルメットの明細書

 ヘルメットの製造元又は品名が確認できる明細書

2 各小学校のPTAの代表者は前項の規定に関わらず、小学校四学年の児童をもつ保護者の申請を取りまとめて申請することができる。その場合、児童用自転車ヘルメット一括購入費助成金交付申請書兼請求書(様式第二号)に、申請時にヘルメットを使用する児童の氏名、生年月日、住所が確認できる名簿、及び前項各号の書類を添え、町長に提出するものとする。

3 町長は、前各項の交付申請があった場合は、審査のうえ適当と認めたときは申請者に助成金を交付するものとする。

(委任)

第六条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この要綱は、公布の日から施行する。

2 この要綱は、平成二十四年三月三十一日限り、その効力を失う。ただし、同日までにヘルメットを購入した者に係る助成金の交付については、平成二十四年五月三十一日まで、なおその効力を有する。

(特例措置)

3 この要綱の施行の際、現にヘルメットを購入した者(ただし、平成二十一年四月一日以降の購入した者に限る。)については、この要綱を適用する。

4 平成二十一年度に交付する助成金の交付申請に関する第五条第二項の適用については、同条第二項中「小学校四学年」とあるのは、「小学校四学年から六学年」とする。

画像

画像

内灘町児童用自転車ヘルメット購入費助成金交付要綱

平成21年6月23日 告示第60号

(平成21年6月23日施行)