○岐阜市消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例施行規則

平成17年3月2日

規則第4号

(分限及び懲戒の手続)

第2条 任命権者は、条例第5条第1項第2号の規定に該当するものとして消防団員(以下「団員」という。)を降任し、又は免職する場合においては、医師を指定してあらかじめ診断を行わせなければならない。

2 条例第5条第1項の規定による団員の意に反する降任若しくは免職又は条例第6条第1項の規定による戒告、停職若しくは免職の処分は、その旨を記載した書面を当該団員に交付して行わなければならない。

(報酬の支給方法)

第3条 年報酬は、5月、7月、10月及び翌年の1月の末日(その日が国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日(以下「休日」という。)、日曜日又は土曜日に当たるときは、その日前において、その日に最も近い休日、日曜日又は土曜日でない日)に、それぞれ年報酬の額の4分の1に相当する額を支給するものとする。

(報酬の月割計算)

第4条 報酬は、新たに団員となり、又は退団した場合は、月割により計算する。

(その他)

第5条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

附 則

この規則は、平成17年4月1日から施行する。

岐阜市消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例施行規則

平成17年3月2日 規則第4号

(平成17年4月1日施行)

体系情報
第13類 消防・水防/第3章 消防団
沿革情報
平成17年3月2日 規則第4号